ゲストハウス」タグアーカイブ

金継ぎコーヒードリッパー。

以前、割れてしまった白のコーヒードリッパーを、漆(うるし)修復師の女性ゲストさんに依頼して、金継ぎをしてもらいました。

漆で接着し、金を付けて仕上げてあります。

真っ白な工業製品の陶器を金継ぎするにあたって、接着面の見た目のバランスを取ることが難しかったそうです。

金継ぎは少しざらっとした質感で仕上げてくれてあり、触るとわずかな盛り上がりを感じます。

白にしかない、世界で一つのコーヒードリッパーになりました。

ぜひ金継ぎドリッパーでのんびりとコーヒーを淹れてみてください。

白のインスタも日々アップしています。
https://www.instagram.com/guesthouse_shiro/

“白の改修の見どころ” をまとめました。

白の建物は、2014年のオープン前に、金沢の建築設計事務所さん、工務店さん、職人さんたちによって、リノベーションされています。

明治期に建てられた築約120年の町家を改修するにあたって、設計事務所さん、工務店さん、職人さんがそれぞれの専門的な立場から、歴史ある建物の良さや魅力を大切にしながら、現代の生活にも合うように、そしてこの建物をこの先さらに何十年も残していけるように、丁寧に直してくださっています。

そんな白の建物の改修箇所の中から、わかりやすく、見つけやすい箇所をピックアップし、まとめてみました。

今まで来てくださった方は白を思い出しながら、これからお越しくださる方は実際に見たり触れたりしながら、改修された町家のあたたかみを感じていただけると嬉しいです。

ゲストハウス白

ゲストハウス白

*******

白のインスタです

https://www.instagram.com/guesthouse_shiro/
*******

雪が降りました。

昨日から金沢は雪が降っています。

 

改装前、2014年1月11日の白の様子。

Shiro-snow

雪で真っ白となっています。

 

目の前の金沢城黒門へとつづく道も

Shiro-street

このようになっています。

 

白のすぐそば、金沢城のお堀は

shiro-ohori

うっすらと凍っています。

 

雪の中、わずかな春の気配も感じます。

shiro-hori2

 

オープンが待ち遠しいです。

白のある場所。

そんな白の場所は、金沢市中心部にある、金沢城すぐそばにあります。

金沢城内へ入る黒門までは、徒歩1分。

兼六園へは、金沢城内を通り抜け、徒歩10分。

21世紀美術館は、金沢城をはさんだ向こう側、徒歩15分。

新鮮なお魚やお寿司、季節の食材が並ぶ近江町市場へは、徒歩3分。

東山茶屋街へは、趣のある町並みを抜け、浅野川を渡り、徒歩10分。

自転車を使えば、さらにらくらくです。

そして、ゲストハウスの正面には、金沢の桜の名所の一つとしても知られる、黒門前緑地があります。桜の頃には、白で寝転がりながら、花見を楽しむ、なんてことも。


金沢駅からは、バスで10分。観光は、歩いても、自転車でも、バスでも。

街の真ん中にあるので、どこへ行くのにも便利です。

また、こちらの地名が「大手町」ということで、お城の正面、大手門のすぐそばにあり、周囲も落ち着いた趣のある町並みと建物がたくさんあります。

桜は、白で、金沢城で。

新緑の頃は、浅野川や犀川でのんびりと。

梅雨の頃には、近くのせせらぎで、ホタル鑑賞。

夏には、ちょっと足をのばして、海や山にも。

秋には、兼六園や金沢城の紅葉を。

冬には、兼六園の雪吊りや、脂の乗った日本海の魚を堪能。

などなど。

21世紀美術館や県立美術館のみならず、街中に点在する芸術文化施設。

さまざまな伝統工芸や歴史ある町並み。

新鮮な季節のものを味わえる金沢の食。

そして緑ゆたかなこの金沢の街を、一人一人のお過ごし方で、季節とともに楽しんでいただけると思います。

金沢で、ゲストハウス白(Shiro)をはじめます。

はじめまして。

2014年の夏頃に、金沢市大手町で、ゲストハウス「白(しろ)」をはじめます。

白は、もともと明治に建てられた、築115年あまりの町家を大改装しておこないます。改装はまさにこれからです。

改装前

こちら正面、白いのぼりのある町家。

白や金沢のことだけでなく、町家改装の経過やイベントなどもご紹介していければと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

これからの改装で、白がどうなっていくか、僕らも楽しみです。