月別アーカイブ: 2014年3月

改装工事49日目。

 

ひと休みをしていた改装工事が、本日再開しました。

本日からの工事は、地面を掘り、土台を水平にしていく作業とのことです。

水平器でレベルを取りながらユンボで地面を堀り、その後調節をするために一部コンクリートを流し込む、といった流れだそうです。

まずは土台からしっかりと固めています。

 

 

ところで、こちらが以前紹介した頭巾などと一緒に眠っていたものたちで。

古い木箱には、たくさんの本や雑誌、新聞が入っています。
本

 

この中の一つに、こういった何も書かれていない箱がありました。
箱

 

こちらの中身は、

鍵

 

 

真鍮製のドアノブ、一式でした。
ドアノブ

 

とても大事にされていた、おそらくとても気に入っていたものだったに違いありません。

 

今でも光り輝いており、握り手の部分には使い込まれた跡があります。

こちらは、どのようなお部屋の、どのようなドアに使われていたのでしょうか。

そのお部屋自体も特別な場所だったのかもしれません。

 

2014年3月11日、兼六園の様子です。

 

工事は現在、ひと休み中です。その間に、白の内装のイメージを詰めたり、備品をあれこれ探したりしています。

少しずつ少しずつ、オープンに向け、準備を進めています。

 

そんな昨日3月11日は、前日の雪模様とは一転し、天気が良く晴れ渡っていたので、兼六園へ行ってきました。

目的は、兼六園の梅。

そろそろ、梅がきれいに咲く時期を迎えているかもしれないと思い、行ってみました。

 

兼六園と言えば、まずはこちらの景色。

kenroku

 

 

そして、冬はこの雪吊り模様。見事です。残念ながら、本日は木の上の雪が溶けていました。

kenroku
一本一本丁寧に吊られています。
kenroku

 

そして、梅。 咲いていました。

kenroku

kenroku6

kenroku

 

とは言え、咲いていたのは梅園の一部で、全体的にはまだまだこれからの様子でした。

園内にはたくさんの種類の梅がありますので、まだまだゆっくり楽しめます。

春の桜も楽しみですが、今まさに咲き始めている梅も趣があって好きです。

 

そんな昨日、2014年3月11日で、東日本大震災から丸3年が経ちました。

犠牲になられた方々に、改めてご冥福を祈ります。